2023年新製品

製造ラインで育ち進化を続けるカーエアコンサービスステーションがまた進化を始めた。

 

型番 PS1234H
プリンター無しモデル

型番 PS1234HP
プリンター付きモデル

型番 PS1234HFP-2
プリンター付き、フラッシングキット
着脱容器拡張セットモデル

 

 

 

新たな新機能。Hot. Gas. Shot. ホットガスショット機能搭載

新機能である Hot. Gas. Shot. ホットガスショット機能は、オイルフラッシング回収時において、大量の液冷媒の寝込み現象に対し対策したものです。ホットガスを車両に良いタイミングで注入し、エアコン回路内の気化を促進。搭載するハイパワーコンプレッサーの回収スピードと本来反比例する回収率を両立しながら、効果的な回収作業を行うことを可能にしました。 また、通常のフロンガス回収と計量充填を行う際(全自動コース等)、HGS 回収を選択することによって、残留する冷媒を回収する事ができる事だけでなく、回収後の真空引きでのトラブル(エラー24 等)を防止する事ができます。

ホットガスショットとは?

ホットガスショットの効果

信頼に支えられた7つの機能

    1. 特許に支えられた自己洗浄機能により、1ラインで2油種(PAG,POE)に対応《ホースクリーニング機能》
    2. エアコンを動かすことなくフロンガス回収➡真空引き➡オイル充填➡フロンガス計量充填の一連の動作を全自動運転することが出来ます。正確な計量充填を行う事により、最新のエアコンシステムにも安心して対応できます。《全自動運転機能》
    3. 誰にでも扱える音声ガイダンス付操作パネル!直感的に回収のみの作業や、施工後の真空引き充填作業を簡単に行うことが出来ます。《音声ガイダンス機能》
    4. カーエアコンのエアコンの圧力をある一定時間の平均値で処理を行う事によって従来のアナログゲージで悩ませていた脈動に強いデジタル計を採用。デジタル計を使うことにより負圧計測も正確に行えます。《デジタルマニホールド機能》
    5. 新たに外気温度計を搭載。エアコンの状態を判断する事に役立ちます
    6. 圧力を量りつつ、フロンガスの充填と抜き取りを5g単位で調整できます。《エアコンマニュアル調整機能》
    7. JIS規格クリアの再生フロンガスを利用した2種類のサイクル洗浄によって、従来の溶剤コストと施工時間を短縮できます。HV/EVはもちろん、ガソリン車からディーゼル車まで幅広く対応できます。また、本機の内蔵タンクはMAX量8800gまで使うことが出来るため、比較的大きな容量のエアコン回路にも安定したサイクル洗浄が行えます。《オイルフラッシング機能》

      背面に押しやすいハンドル装備

      便利なポケット付き

      通気性の優れたR1234yf共用ボディ

      視認性が改良されたクリアボトル

      両サイドハンドルと電源フック

      大型キャスター装備

      より便利に!よりプラスに!より使いやすくなったインターフェイス!

       

      JIS規格クリア(当社測定値による)フロンガス高純度再生能力!

      回収されるフロンガス中には、通常 3.2% (32000ppm)前後含まれるコンプレッサーオイルが、25ppm(当社測定値)まで低減されます。従って、回収されたフロンガス(PAGが含まれているフロンガス、又は POEが含まれているフロンガス)もJIS規格クリアの再生フロンガスとして再利用できます。またコンプレッサーオイルのコンタミ(回路内汚染)も気にすることなく、安心して施工することが出来ます。(※他のガスの混入は除く)

      エアコンガスクリーニング

      エアコンガスクリーニングとは、車両のエアコン回路からガスを回収し、確実な真空引きによるエアコン内乾燥と高純度再生されたフロンガスを正確に計量充填することによって、全ての車両においてエアコンサイクルのバランスを整える事を目的とする作業です。

       

      カーエアコン配管サイクル洗浄(オイルフラッシング)機能!2種類のモード搭載!

      JIS規格クリアの再生フロンガスを使い、車両の症状に応じて車両回路内を1方向から回路内に流す「とも洗い洗浄モード(サイクル洗浄)」と両ホースから充填と回収を繰り返す「反復洗浄モード(バックリターン洗浄)」の2つのモードを搭載しています。

      ※本機能を使用する為には、別途オイルフラッシングキット OF-KIT3が必要です。

      オイルフラッシング機能とは・・・

      従来のカーエアコンサイクル洗浄を行うには、専用のサイクル洗浄機と特殊な洗浄液を用いエアコンサイクル内を循環洗浄とするもので、施工毎に溶剤コストがかかり、また、施工後の管路内乾燥に長い時間を要するものであり異質の溶剤を使う事から、ある程度のコンタミ(回路内汚染)は避けられないものでした。PS134PlusはリアルタイムでJIS規格クリアのフロンガス再生(当社測定値:25PPM)を行う機構を備えており、いわば、オイルを究極に取り除いた極めて洗浄能力の高い高純度フロンガスによるエアコンサイクル内洗浄を可能にしました。

      この機能を使うことにより、溶剤コストの削減と管路内乾燥にかかっていた施工時間を大幅に短縮できます。さらに今まで避けられなかったコンタミ(回路内汚染)が無いので、従来機では施工が難しかったHV/EV等の車両に対しても、リスクの無い施工を行うことが可能です。また、当社独自のバックリターン洗浄機能を追加したことにより、様々な修理シーンに活用できます。この機能は多くのプロフェッショナルな方々に絶大な支持を頂いております。

      オイルフラッシング使い方 (ユーチューブ)

           
      ☝全画面にしてご覧ください

      メインテナンスも簡単!

      フィルタードライヤーの交換時期もアナウンス (ユーチューブ)

      低圧充填モード

      エアコンサービスステーションでは、コンプレッサーを駆動させずに高純度再生された液フロンを高圧側から充填を行う従来の充填モードの他に、充填完了時にホースに溜まりこんだ液フロンを車両側のコンプレッサーに引き込ませることによって、一定の補正値に頼ることなく、あらゆる施工シーンにおいて正確に充填を行うことができます。(低圧充填モードON) ※高圧側接続がエンジンの上部、通常の位置にある場合は通常の充填モードを使用しても自動補正が働くので問題なく正確な充填を行うことができます。(低圧充填モードOFF)

      低圧充填モード使用例 (ユーチューブ)
      例1) 車両側の高圧側接続が非常に低い位置にある場合。 下部配管に溜まりこんだ液フロンを更に押し込みながら液充填を行うため、ホース内への溜まりこみが大きくなる。 ➡ エラー14または、実質充填量が少なくなるので低圧充填モードを使用することにより、より正確な充填を行うことができる。
       

      低圧充填モード使用例

       
       
       
           
           
      例2) 車両側の高圧側接続が非常に高い位置にある場合。 機器から液充填を行う際、揚程圧力が発生する為、ホース内への溜まりこみが大きくなる。 ➡ エラー14または、実質充填量が少なくなるので低圧充填モードを使用することにより、より正確な充填を行うことができる。  

       

      印刷機能

      内部基盤にメモリカードを差し込むことにより、任意の情報(384×384ドット以内のモノクロビットマップファイルと全角16文字×20行以内テキストファイル)を印刷することができるようになりました。 注意)こちらの機能を使う為には、別途、SDカード、設定手数料が必要になる場合があります。販売店へご相談ください。  
          クリックすると拡大👆
       

      初期セットアップに必要なフロンガスが少なくなりました。(2021年モデルより新機能追加)

      ① 最低タンク重量の閾値変更

      ➨ 従来の2050gから1350gへ変更

      待機状態のタンク残量不足エラー閾値の変更

      全自動充填量 設定時エラー閾値の変更

      補充、充填量 設定時エラー閾値の変更

      ② ホースクリーニング実行可能条件追加 ➨ タンク残量1350g未満での実行不可。
       
       

      PS1234H 仕様表

      型式 AF-460YF
      名称 PS1234HGS
      定格電圧 AC100V
      定格周波数 50/60Hz
      定格電力 380W
      回収能力 120g/分
      使用環境 屋内
      使用温度範囲 5~40℃
      運転コース 自動、回収、真空引き、再生、オイル注入、充填、オイルフラッシング (要オプションキット)、圧力チェック、エアコン調整、ホースクリーニング
      コンプレッサー オイルレスレシプロ式1/2HP
      真空ポンプ オイル循環ロータリー式 1.99pa/15microns
      ホース 耐フロン用耐圧ホース 高圧側(赤) 低圧側(青) 各2.7m
      充填許容量 200~6700g (タンク満タン時)
      制御方式 マイコン制御式
      計量法式 重量ロードセル
      適応冷媒 HFC-134a
      タンク容量 11L
      センサー 圧力トランスデューサー(高圧、低圧、タンク内圧)
      圧力表示 デジタルゲージ部
      オイル分離機能 蒸留式/フィルター式
      水分分離機能 吸着式ドライヤーフィルター
      本体寸法 幅 673mm × 奥 490mm(ホースを含まない) × 高 1180mm
      過充填防止方式 重量ロードセル
      安全弁 差動圧 1.9Mpa
      ヒューズ 125V20A
      本体重量 80g (乾燥重量)
      オプション プリンター、オイルフラッシングキット、着脱容器接続キット

       

      ◇困ったら・・

       

       

         

プロステップ株式会社 特殊工具機器など研究開発製造のリーディングカンパニー

プロステップ株式会社

[茅ヶ崎本社office]
〒253-0054 
神奈川県茅ヶ崎市東海岸南2-6-9 茅ヶ崎共生ビル402
Chigasaki Headquarters Office
Chigasakikyosei-Building 402,2-6-9 Higashikaiganminami,Chigasaki-City,Kanagawa
253-0054 Japan.

[寒川工場]
〒253-0113 
神奈川県高座郡寒川町大曲3-16-17
Samukawa Factory
3-16-17, Oomagari, Samukawa-cho,Koza-gun, Kanagawa-ken
253-0113 JAPAN