プロステップ総合カタログ【pdf形式     

『真空』のお話。 真空にまつわる単位の話です。

一般的に真空とは、大気圧より低い圧力(絶対圧では0.101Mpa以下)を指します。

真空ポンプの性能を示すものとして、排気量○○ℓ/min(50Hz)と真空到達度○○ミクロンという、単位を使ってその真空ポンプの性能を示す場合が多く見受けられます。

排気量はその言葉の通り一分間での吐出量となります。真空到達度(ミクロン)とは、絶対真空(これ以上の真空は無い状態)である760mmHg(1Torr)から759mmHg(2Torr)の間を1000分割し、

絶対真空からいくつまで真空に近いかを示す値です。(1Torr = 1000ミクロン)

一方、マニホードゲージにおいては、一般的にはゲージ圧が採用され、大気圧を0Mpaとしており、真空を示すことのできる連成計が付いているものは絶対真空を-0.1Mpaと表記しております。


 □正規取扱い海外製品

アキュツール

HVAC / R(空調)・自動車・工業用の計測器等、コスト効果の高い革新的且つ信頼性の高い製品を世界市場に向け提供しています。